衣料から医療を変える、オーダーメイドユニフォームの制作
ソーイングボックス連絡先

導入事例

弊社では、作業着としてのユニフォームではなく、組織全体に影響を与えるユニフォームの導入をお手伝いします。

事例(1)事例(2)その他の事例

商品事例
PAGE TOP
事例(1)求心力・一体感が欲しいA病院
商品事例
PAGE TOP
事例(2)業務改善をしたいリラクゼーションB社
商品事例
PAGE TOP
その他施設の事例(導入検討中含む)
施設職種ニーズ内容
C大学病院事務職ブランド
  • 建て替えを機にコンセプトを一新
  • 「高級感+α」をテーマに未来型病院構想づくりの一端
  • 事務スタッフも配置場所によってコンセプトを変化。現在検討中
D大学病院事務職ニーズニーズニーズコスト
  • 歴史ある病院のイメージ重んじたコンセプトでデザイン
  • 生地もお客様のニーズに合わせて選定
  • 現行品から数%コストダウンを実現見込み
E病院
グループ
事務職
看護職
コメディカル
その他すべての職種
ブランド組織
  • 建て替えおよび合併を機にもともともあったグループコンセプトを具現化
  • 医療職種共通のユニフォーム作成
  • また事務服は一般的な事務服の素材ではなく一般アパレル素材を利用した斬新かつ動きやすいものを作りこむ
F介護施設
グループ
介護職
事務職
ブランド組織ニーズコスト
  • グループ施設毎のブランド作りを計画中
  • 各施設の位置づけ(ハイクラス,エコノミークラス)に合ったユニフォームをデザイン中
G介護施設
グループ
介護職 ブランドニーズ着心地コスト
  • 全国にチェーン展開する介護施設
  • ブランドコンセプトづくりから実施
  • 介護の多岐にわたる業務形態を考えて機能性を重視したものを検討中
H歯科医院
グループ
すべての職種 ブランド
  • 店舗ごとにテーマを決めて検討
  • 現在はアンテナ医院のコンセプト作りから
PAGE TOP